エイジングケア美容液の若返り成分|ギュッと詰まっている

お腹が大きくなる前に

クリーム

お腹の乾燥に注意

妊娠中、子供がどんどん成長してお腹が大きくなっていくにつれて、お腹の皮膚が伸びてしまいます。伸びたお腹の皮膚に亀裂が入ってしまうと、縦方向にひび割れのような妊娠線ができてしまうのです。妊娠線ができやすい人、できにくい人と個人差もありますが妊娠線を作らないためには、クリームなどで対策することが大切です。もともと乾燥肌のひとは特にお腹の皮膚が乾燥してしまうと、ひび割れができやすくなってしまうからです。また皮膚が伸びにくくなってしまうため余計に妊娠線ができやすくなってしまいます。ですからクリームなどを塗って乾燥をふせぎ、柔軟な皮膚にすることによりきれいなお腹のまま妊娠期間を終えることができるようになります。

早めの対策と見えない部分

妊娠線予防のためのクリームを塗るのは、お腹が大きくなってからではなくまだまだ出ていない時に塗ってあげると効果が全然違います。お腹が大きくなり目立ち始めるのは6か月目からですが、4カ月から5カ月の間にクリームでケアしておくのが良いです。一度妊娠線ができてしまうと、消しにくくなってしまうためなるべく作らないことが大切なのです。お腹の大きさが目立たなくても、しっかりと乾燥対策してあげることが大切です。また、子宮に刺激を与えないように優しくマッサージしながら塗ってあげるのが良いです。また臨月などになると手が届かないところもあります。そこに妊娠線はできやすくなってしまうため、家族に手伝ってもらうなどの工夫が大切です。